セミナー「ホスピスケアを考える」

「動物のホスピスケアを考える」セミナーに行ってきました。

「ありがとう、そしてさよなら」がいえますように

題名を読んでセミナーが始まる前から泣きそうになりました。
何をやっても悔いは残るし、悲しいとは思いますが
できる限りのことはしてあげたいですよね。

タッチケアのパッシブタッチのこともお話されていました。
アメリカの動物のホームケアでは痛みをとる治療と手当てを行うそうです。
パッシブタッチは本当に優しいタッチですもんね。

プレイズタッチでは、「おやすみ」に入っています。

来月は、「ホスピスケア2」のセミナーを受講予定です。
楽しみです。
スポンサーサイト

*コメント

非公開コメント

        
*検索フォーム
        
*月別アーカイブ