災害時 ペット同行避難について考える 1

東日本大地震から6年ですね。
今、テレビではどこの局も特別番組をしています。

私も今日はちょっと真面目に考えてみました。
先月、ペット防災指導員のミーティングに参加しました。
その時に話題になった自分の住んでいる地区の避難場所について調べてみました。

私の住んでいる町は、人口 18万人、世帯数 88万世帯
犬猫はそれぞれ10世帯に1匹といわれているので、各8.8万匹
小学校〜高校の合計 35校
800人 体育館に収容と考えて 2.8万人
なんと!15万人が避難所に入れない計算になります。

もちろん公民館や市の体育館も避難所になると思われるので、計算した数が正しいわけではありません。
会社も多いので、帰宅難民の方も避難所を使うと思われます。

人でも溢れちゃうのに犬猫鳥などのペットはどうなるんでしょう?
以前 市役所に問い合わせをした時は、
「同行避難はできるけど、同伴避難になるかどうかはその場にならないと分からない」という話でした。
パニック時に判断できるのか?ときいてもみましたが、その時にならないと。。。という答えでした。

同伴避難と同行避難の違いは?
違いを把握していない人は70%

・同伴避難 ・・・ 避難所でも一緒の空間(室内)で過ごせる

・同行避難 ・・・ あくまで避難所まで一緒に避難
室内に一緒に過ごせない。
熊本地震の時は、屋内にクレートが並んでいる写真をよくみました。

ある町では、犬は鉄棒にくくりつけると決まっているところもあるそうです。
何十匹の犬が同じ鉄棒につながれているのを考えただけで恐ろしいです、

今回、検索してみて、地域によって様々で、
同じ町でも学校毎に違ったりしていることを知りました。
私の住んでる町は、全然決まっていなさそう。
会社も多いので、帰宅難民も多いと思うのに、大丈夫なのか心配になります。
10年位前、ペットフードなどを各学校の倉庫に置こうという働きをしていた団体もありましたが、
いつの間にかなくなっていました。

世帯数や学校数などすぐにインターネットで検索できます。
みなさんのお住いの地域はいかがですか?
スポンサーサイト

*コメント

非公開コメント

        
*検索フォーム
        
*月別アーカイブ